2007年10月03日

添乗員に残業代を払え! 

社労士受験時代、労基法でさっぱり分らなかった条文があった。

それは、38条の2の事業場外のみなし労働。

何回もこの条文を読み返し、先生にもしつこく質問し説明を受け

たが結局、チンプンカンプンのまま受験に望んだ記憶がある。

さて7年経った今はどうであるかというと、さほど条文の理解の

程度は変わってはいない。


そんなところ、今日この事業場外のみなしに関して三田労基署より

阪急交通社の子会社である阪急トラベルサポートに対し是正勧告・

指導が出たという興味深い記事をネットで見つけた。


その内容はというと、

労基署へ申告したのは、阪急トラベルサポートの登録型派遣として

働いていた“添乗員”6人で、事業場外のみなし労働を理由に

残業代不払いとしていた過去2年間の添乗時の残業代を支払え

というもので、そしてその申告に対して三田労基署は10月1日に

同社社長に37条違反による是正勧告・指導を出したというもの

です。


以下、その是正指導からの抜粋

『添乗業務に従事する派遣労働者の労働時間は、事業場外みなし労働時間の適用をしていると説明がありましたが、事業場外みなし労働時間制の対象となるのは、事業場外で業務に従事し、使用者の具体的な指揮監督が及ばず、労働時間の算定が困難な業務です。貴事業場において、添乗業務に従事する派遣労働者については、アイテナリーや運行指示書によって具体的な指揮を受け、添乗日報により労働時間の把握が可能であること、アイテナリーや運行指示書に定められた旅程通りのサービスが確実に提供されているか否かを管理すること、またサービスの内容の変更が必要な場合における代替サービスの手配その他措置を講ずることを業務としていることから、行程の全期間について明らかに労働を提供しない時間を除いて労務の提供が求められていると認められること、さらに交通機関乗車中であってもマニュアルなどを通じて業務指示が出ていることから、乗車中の時間も労働者が自由に利用できることが保障されている時間とは認められず、当該業務に従事する労働者については事業場外みなし労働時間制の対象とは認められません。』

労働時間を指揮命令下におかれた時間と定義する

と、添乗業務、特に海外添乗の場合は、添乗員の裁量に負う業務が多

く、会社からの指揮命令によるところが少ない。


にもかかわらず、上記指導票によれば、


アイテナリーや運行指示書によって具体的な指揮を受け、添乗日報に

より労働時間の把握が可能であることを論拠に、

事業場外みなし労働時間制の対象とは認められないと結んでいる。


運行指示書によって、指揮命令下におかれるという論拠自体に、疑問

を感じる。


添乗業務が事業場外のみなしの適用外という結論。


であれば、一般企業における全部事業外の典型パターンである出張

も否認される可能性もでてくるのではと邪推する。


ますます、38条の2の事業場外のみなし労働というものが、わから

なくなってきた。


こういう実例から、自分がその是正報告書を実際に書かなければなら

ないという立場で、この条文の意味を再度、考えてみると、結構

いろいろな問題点やアイデアが浮かんでくる。



旅行業界も労働集約型の産業で、労務管理上いろいろな問題を抱えて

いる。

今回の是正勧告は、業界にとって大きな激震になるはずである。

いわゆる、労務上の解決すべき問題が顕在化したということ。

経営者は、潜在化した問題に対してのリスク回避に関しては、なかな

か耳を貸さうとはしないが、いったんその問題が顕在化すると、その

問題解決のための方法論を考えるはずである。

しかし、労働基準法に疎い普通の経営者であれば、その解決策を見出

すのは困難きわまる。

であれば

ここは、法律と実務に精通している社会保険労務士が登場して、その

問題を解決してあげるのが、最適。

そういった意味で、旅行業界への営業、今がチャンスかもしれない。

BUT 俺は勤務社労士。

また勝手に妄想、空想してしまった。

営業はそんなに甘くないとお叱りを受けるかもしれませんが、そこは

勘弁、勘弁。





社団法人日本添乗サービス協会の実体調査アンケート(昨年9月)より

派遣添乗員の実態
●平均労働時間 国内平均14時間、海外では10時間から16時間以上が95%以上
●平均添乗日当 9212円
●平均年収 約230万円
●年間平均添乗日数 134.1日
●男女比 女性80% 男性20%
●年齢 30代45.1% 40代25% 20代23.3%
●家族構成 独身76.1%(女性78.4% 男性66.5%) 既婚者22.3%
●平均勤続年数 7.46年
●セクハラ被害48.1%



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ
posted by 人事屋ジンベイ at 21:34| Comment(3) | TrackBack(2) | 労働法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

雑感

8月後半以来、引きずっている案件が今だ解決できず、今ひとつ

仕事に集中できない。

自分の手から完全離れ、あとは経営判断を仰ぐだけだから、考えても

仕方がない。

まあ、経営陣が出す結論は先刻承知の上。

こういう時は、余り考えすぎるのは止めよう。

そんなことで本日、気分転換の意味で丸善で本を物色する。

面白そうな書籍を2冊見つけたので、購入した。


●会社の品格 幻冬舎新書 小笹芳央著

●人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ 日経BP社 稲盛和夫著


あいもかわらず、人事関係の本、『会社の品格』というネーミング

にひかれ、思わず買ってしまった。

でも リンク アンド モチベーション社の小笹さんの新書だから

まず、外れることは有り得ないだろう。


もう一冊は尊敬する稲盛さんが、西郷隆盛の『南洲翁遺訓』を通じ

て、“人間が正しくいきていこうとするうえでの普遍的な哲学”を

稲盛流に語った人生訓。


どちらも、共通するキーワードは“品格”。


自分の深層心理の中で、恐らくこの“品格”という言葉が引っか

かって、この本を選んだ可能性は大である。


ということは、

品格ある会社で、品格ある経営陣のもとで、品格ある仕事が

したいという心の叫びか?



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年09月13日

労災保険料削減方法の一つのヒント

若干、以前から労災保険料に関する削減方法に興味をもって

いた。

社会保険料に関してのそれは、いくつかの一般的な手法は知っ

ているが、労災においては全くイメージが浮かばない。

ここは、実務をやっていないので仕方がないところなのだが、

自分なりに書籍とインターネットで調べてみた。


すると、それらしきものにぶち当たった。

それは、徴収法で出てくる

現場労災保険料=請負金額×労務比率(21%)×保険料率

という「総額方式」による算式である。

ご存知のようにこの「総額方式」は下請け業者が出入りする建設

現場では、正確な賃金を掌握することが難しいので、特例として

請負金額×労務比率で大雑把に賃金総額を出せばOKという、

保険料算出上、大変便利な方法です。


しかしながら、超楽な計算法ではあるが

上記算式の中の請負金額の中に本来除外すべき@材料費

A労災適用除外者の賃金も含まれており、当然その結果

保険料が多くなってしまうという大きなデメリットが生じ

てしまう。


であるならば、本来の方式である


現場労災保険料=(現場に従事した自社社員+下請け労働者)

×現場に従事した時間の賃金総額×保険料率

という算式の「実質賃金方式」で計算すれば

かなりの保険料が削減できるという考え方だ。


ここまでは、んん..なるほどと言った感じではあるが、

問題は


@下請け業者が支払っている賃金額

A労働時間(実際に現場において従事した時間数)

これらを、いかに正確に把握するかだ。 

この把握が面倒であるがゆえに、わざわざ「総額方式」に

よって計算しているわけだからね〜もうやだ〜(悲しい顔)


これ以上具体的な情報はつかめなかった、ここらへんに

きっと、隠れたノウハウっていうものが存在するのでは?



この方法を使えば、簡単に労務費を正確に

把握できるという智恵と技というものが。


知っている奴は知っているという世界か?
(いや以外に常識で、俺だけ知らないという可能性もあるかも
知れない。)


其開業社労士さんのブログのなかで労災保険料削減の

方法のひとつとして‘実質賃金方式’という言葉が出て

きたが、やっとその意味を薄っすらではあるが、わかった

ような気がする。


でも、一般的に建設の現場って出入り業者が多いはずだから

どう考えても、そんな簡単に労務費を正確に把握することは

相当難しいと思うのだが..



結構、この問題突き詰めて考えてみたが

まあ、ここまでが、今の俺の限界。

あとは、未知の世界。

そう考えると、この仕事って奥が深いな。





最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年09月10日

俺の話も聞け! 

先週は風邪により一日だけ寝込んでしまった。

翌日は台風で電車が止まり、会社に着いたのは午後の1時。

おまけに着くなり、社長より呼び出しを受け、社長室にて‘ある案

件’の説明と釈明。

いつものように99%一方的に話され、頃合をみて1%の時間を外

せない重要な点をこちらから説明する。

こちらの説明を十分理解しているかどうか不明だが、

この1%の時間を相手からもぎ取ることは極めて重要。

なぜなら

後から、‘報告を聞いていない’という叱責を受ける状況に追い込

まれることが、まあまあるのだ。


機関銃のごとくまくし立てられるので、普通の人は一言も発せず

社長室から出てくることも多い。

1時間も2時間も聞きっぱなしというのは、実に疲れる。

時には精神的におかしくなるときもある。

今回も案の定、俺が出した打開策では‘NO’である。

顧問弁護士と税理士を入れて、問題に対処せよとの下命。

十分、相手との‘信頼’ベースによって解決できる案件であるに

もかかわらず。


それに、嫌なんだな、あの弁護士に相談するの、こんな程度の

問題で〜よ。


そんなことで、

9月一杯は、この件の処理でてんてこ舞いに陥ること必至。


しかし、嫌な感情、気持ちは今日この日におさらばして、

明日からは、メンタル面に十分注意して、思いつめず、楽な気持

ちで仕事をするのだ。


決意。


NO MORE ‘UTSU’



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年09月01日

今日はちょっと娘の話

長女がスペインへ1ケ月程の短期語学留学していたが、本日帰国する。

久し振りの家族4人の夕食だ。

例年、早稲田が主催して提携校であるサマランカ大学にてスペイン語

の外国人向けの講座が開設されている。

日本からは早稲田以外、色々な大学の学生も参加しており、学生以外

の社会人も結構、参加しているようだ。

外国人向けのスクールなので、東南アジア・アメリカ・ブラジル

ヨーロッパの国々から集まってきており、まさに国際色豊か。

本人いわく、一番の収穫は、色々な国の学生と話す機会を得て、

何人かと友達になれたと嬉しそうに話していた。

自分の大学生の頃は、外国旅行とか留学する奴は極端に少なかった

が、今はごく普通のことのようだ。

当世の学生はホント恵まれていると思う。


来年には彼女も3年になるので、

話のついでに、長女に卒業後の進路に関してそれとなく聞いてみる。

薄々は感じていたが、やはり大学院で勉強したいという希望のよう

だ。

それも、海外、アメリカの大学院だ。

これには少し驚いた。

ただ、俺の稼ぎが少ないことを知っているので、卒業後2年位勤めて

自分で学費は稼ぐと話していた。

ほっとする反面、親として多少は経済的に援助する必要があるので、

その工面を考えると、頭が痛い。

なにせ、次女がまだ高1で大学受験を控えているので、大変だ。


今からこの7年間が経済的に一番しんどい時期になるな。

来年には、ずーっと考え、あたためてきた‘ある事’を実行して

みようか。

そんなことを‘ふっと’考えながら暗い夜道をウォーキングして、

いま風呂の入って体重計にのっている。

相変わらず体重は減る兆しはない…

しかし、事を成す為には継続と努力、忍耐が必要。

そう、何事においても。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年08月29日

とかく専門家とは…

先日の就業規則作成セミナーでのグループ討議の際に気がつい

た事がある。



それは、就業規則に「会社の企業理念」を入れるべきか、否かが

グループ内で問題になった際の話である。



‘就業規則は労働条件と服務規律をベースに作成’されるべき

もので、そこに企業理念等の考えが入り込む余地まったくはない

という主張と、

企業理念は就業規則に積極的に入れるべきという

主張に割れた。


はっきり言って、どうでもよい論点だ。


さすがに業を煮やし

ここは「会社、経営者の判断に委ねる」ところでは?という

常識的なな自説を述べるとその場が、一気にしらけてしまった。




双方に共通している点は就業規則はこうあるべきという個人的

思い入れが強い.

そして

致命的な問題は、顧客の視点が欠如している

ということ。



ドラッカーは、専門家の行う仕事のあり方について、壁塗り職人

の例え用いて、次のように説明しています。


‘壁作りが専門で、自分の仕事に自信をもっているからといって

ただ単に壁のことだけしか考えないような職人は大きな問題であ

る。 なぜなら壁をつくるという仕事は、それより上位の目的で

ある、家を作るということの一部としてなされているということを

見落としているからです。’


ドラッカーは、この話によって、専門家の視野の狭さ、融通の

利かなさ
を指摘し問題にしています。


経験上、経営者と付き合う上で絶対に外してはいけないストラ

イク・ゾーンがあります。


それは、経営者の‘価値観、思い入れ’を尊重するという姿勢。


ここを外してしまうと、いくら会社にとって良い提案であっても

通らない。



士業と呼ばれる専門家にとっても、企業と付き合う上で

このストライク・ゾーンを外さない事は必須と思うが、

ドラッカーが指摘した問題により、そこを外してしまう不幸な

専門家が多いというのも事実。


自分自身も、もしかしてそういう傾向があるかもしれない。


専門家の視野の狭さ、融通の利かなさ

ここは、自戒の念として捉えなければならないところだ。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年08月27日

ああ..ダイエット

今、ウゥ−キングから帰って来たところ。

今日、ウォーキングの最中、久し振りに走ってみた。

200mくらい走ったが、息はゼイゼイするし身体が異常に重く、

途中でギブアップする。

とてもじゃないが、走れない。

走っている時に身体のある部分に異様な違和感を感じた。

それは“胸の贅肉がプルンプルン”と揺れるのである。

早い話、オッパイが左右に揺れて、その揺れがなんとも

気持ち悪い。



現在の体重は80Kg。


身長は177cmあるので腹のメタボ以外はさほど気になって

いなかったが、オッパイの揺れは予想外であった。

これって、もしかして肥満の兆候かもしれない。

現在、ウゥ−キングの運動だけで食事療法は併用してないの

だが、どうやら食事制限も必要のようだ。

昨日、日経の朝刊に『いつまでもデブとおもうよな』新潮新書

という、面白そうなダイエット本が紹介されていた。

題名が少し気になっていたのだが、明日こっそり買ってみよう。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年08月23日

就業規則作成講座に参加して

先週の土日、日本法令主催による就業規則作成講座に参加した。

今、流行の「リスク回避型就業規則」の作成方法、考え方が中心

のセミナーであった。

グループ討議をした後に発表を行い、その発表に対して講師がコメ

ントするパターンの講義形式なのだが、このセミナーから得た

収穫は、


1.参加している開業社労士の方々との討論、発言をとおして
  自分の労働法分野における力量がどの程度か分かった

2.就業規則の付加価値の「付け方」と「見せ方」のポイント
  及び重要性が理解できた

3.知識としては日頃、グレーと感じていた民法627条の雇用
  の2週間後の終了と辞職との関係、そのエスケープ方法
  として「合意解約」による退職期間の延長


この三つである。


なにせ、25000円程度のセミナーだからこの程度の収穫で

十分だと思う。


退職時の有休消化回避の運用方法に関して、講師に質問してみたが

あっさりかわされてしまった。

会話の中で、この講師、その実務上の処理方法を確実に知っている

なと感じたが、さすが「金になるノウハウ」ゆえに、そう簡単に教

えてくれるわけがないと自分で納得する。


まあ、ここら辺のノウハウの蓄積は、実際に金をもらって就業規則

を作成、運用していく中でしか得られないものだからね。

机上の知識を活きた‘智恵’に換えるのは実践を積むしかないと思

う。

この活きた‘智恵’の等価交換としてお金が発生するわけで、お客は

決して知識に対しては金は払わない。


そう考えると、仕事が取れない社労士は何時までもノウハウの蓄積も

できず、知識の保有能力はあっても智恵に昇華できない悪循環か。

という結論を自分に課し、仕事を取るための

就業規則の付加価値の「付け方」と「見せ方」を少し探求してみよう

と思っている。


知識はそこそこあるが、実務の運用に耐えるだけの智恵がまだまだ

足りないね、俺の経験、レベルでは…



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年08月21日

充実した夏休み

9日間の夏休みも日曜で終わり、昨日から出社。

2年ぶりに長野に行ったが、やはり長野はいいね。

高峰高原に泊まったのですが、猛暑と言われていたこの時期に

室内の気温、なんと18度。

涼しいねー

高峰高原ホテルのフレンチも、こんな山奥でこれだけの味が出せ

るのかと言うほど絶品であった。 

特に信州牛と新鮮な野菜が最高。


小諸の「丁子庵」の天ざるも最高に旨かったな。

この蕎麦や、いつ行っても長だの列で客足が耐えない、天ざる

1700円と多少高いが、小諸に行ったら立ち寄る価値十分。


ホントに


温泉もよし、飯も旨し、おまけに涼しくて大満足の旅行でした。






長野から帰ってきて、連れ合いにせがまれて、久しぶりに尾瀬の

散策に行った。

朝、3時起きで関越で沼田インタへ。 鳩待峠には6時半に到着。


今回のコースは山鼻、牛の首、東電小屋を経由して鳩待峠に戻

る尾瀬ヶ原散策のコースだ。


全行程19キロで長いコースだが、板ばりの平坦な道が多いの

で差ほどバテはしなかった。


尾瀬も8年前に歩いたことはあったが、久しぶりの山行気分を味

わったよ。 

尾瀬から見る至仏山は素晴らしいね。


山はじつに良い。


これを機に、また山をやってみたい気分になり、来年は密か

に南か北アルプスのいづれかを挑戦しよう、考えています。


それにしても

早歩きの俺のペースにしっかり着いて来たカミサンのスタミナ

には、正直驚いた。

カミサンも結構山すきなので、また何処連れて行けと言われるの

が多少、面倒かな。





最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年08月10日

夏休みの予定

猛暑が続き、身体ばて気味ではあるが、毎日のウォーキングのおかげ

で、すこぶる体調はよい。

毎日4キロほど歩くことを励行しているが、念願のダイエットには

残念ながら影響していない。

気になる腹回、何をやっても、へこむ様子はなく、やはり食事療法

と平行してやらないと、なかなかダイエットは難しいかなと思う。


誰か、良い方法あったら是非教えていただきたいところです。



来週から1週間夏休み。

土日は家族で1泊2日で長野へ小旅行。 目当ては旨い蕎麦とフラン

ス料理、それと温泉。

あとは帰ってから、連れ合いと一緒に日帰りで尾瀬の山歩き。

10年前までは毎年、北アルプス 北穂、常念、槍など良く登って

いたけれど、ここのところご無沙汰。 山歩きも久しぶりだ。



18・19日は日本法令の就業規則作成のセミナーに参加予定。

今まで我流で就業規則作成していたが、他の人がどのような

視点で作成しているのかを知るのも良い勉強と思い参加すること

にした。


残りは読書三昧とサイト作成に時間を当てるつもりだ。


去年はうつ病のおかげで、1週間家でゴロゴロしただけの夏休み

だっただけに、今年は健康的で有意義な時間が過ごせそうだ。




最近、読んだお勧め本

〇雇用融解ーこれが新しい「日本型雇用」なのか
 東洋経済新報社 風間 直樹著

〇職場砂漠ー働きすぎの時代の悲劇
 朝日選書 岸 宣人著

〇会社は頭から腐るー再生の修羅場で見た日本企業の課題
 ダイヤモンド社 富山 和彦著 


人事労務の仕事に携わっている方は、是非「雇用融解」だけでも

読むことをお勧めする。詳細はアマゾンの書評を見ていただければ

分かりますが、労働問題のルポ本としては近年にない力作であり

決して買って損しない一冊です。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。