2008年02月01日

1月の成果と反省

褒めてあげたいこと、タバコをすっかり?やめていることかな。

ここまで1本も吸っていない。

これは、かなりえらい!


しかし

年初に立てた目標に体重10K減を掲げたが、そのための運動は

まったくやっていない。

というより、夕飯食い終わるや否や、歌舞伎揚げをほうばっている

自分が怖い。

何が怖いって?

体重計に乗ること。

そんなことで、せっかく購入したオムロンの最新の体重計が、活用さ

れていない。


2月の目標は、ぼちぼちで良いから‘ウォーキング’などの軽い

運動を開始すること。


あと必ず、万歩計の歩数とか消費カロリー、体重含め毎日記録に残す

ことだ。


1月に読んだ本

○問題解決プロフェッショナル 思考と技術 

○失敗学のすすめ 畑中洋太郎

○本を読む本 講談社学術文庫

○わかりやすい労働契約法 商事法務

○人が動く!組織が変わる! 「勝ち組企業」の就業規則

○不機嫌な職場 なぜ社員同士で協力できないのか

○エンドレス・ワーカーズ 働きすぎ日本人の実像

○効率が10倍アップする新・知的生産術




見たい映画

○LIFE IS BEAUTIFUL

○アメリカン ギャング・スター

○結婚しようよ

○陰日向に咲く




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2008年01月30日

倫理研修会に参加

午後、半休して中野へ。

本日、社会保険労務士の倫理研修。

会場には、当たり前だが社労士だらけ。

今更ながら、その人数の多さに驚く。

何時も研修会に参加して思うが、50を過ぎた俺が年齢的に

中堅に属していることが不思議だ。




社会保険労務士の仕事の内容が、高度な職業倫理が求められるほど

の“プロフェッション”と呼べるほどのものとは、個人的には思わな

いのだが..


研修自体は、あえて“語るべき内容”はなし。


これで、あと5年は倫理研修受ける必要なし。


研修終了後、中野で行政書士を開業しているYさんとお茶をする。

開業丸4年でやっと売り上げ1000万を超えたと照れながら

話をしていた。

売り上げも順調に推移してきたので、昨年ついに38歳にして結婚

したとの報告を受けた。


結婚オメデトウ!

スポット業務だけで1000万以上稼ぎ出すのは並大抵のことでは

ない。

ホント、Yさん頑張たね! 


その努力に頭が下がるのみ。


今日はいい話が聞けて、実に良い日であった。


posted by 人事屋ジンベイ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

六本木のオフィスから見る外の風景

外の雪もやっとやみ、雨に変わったようだ。


仕事の状況は

非常勤の給与計算も終了し、山積みであった‘給与支払報告書’も

全て各市町村へ郵送する。


この給与支払報告書の作成が従業員数が多いので大変であったが、何

とか本日、仕上げる。



全て予定通り。


そうそう、例の‘フォト・リーディェング’のセミナー参加費用

113400円も本日、振り込んだ。

結構、11万貯めるの大変であったが、使うときは早いよな。

さらば、福沢諭吉よ、また会う日まで。


本年の最大のテーマである「身体と頭脳」の体質改善のためには、多少

の出費は厭わない。

本日もタバコ1本も吸わず、すこぶる好調。


あとの課題はエクスサイズと体重軽減だが、さすがにこれはまだ

着手していない。


そろそろ、これも本腰を入れて取り組みしなければ...




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2008年01月21日

リ・エ・ン?

今日で何日目だろ?

タバコを吸わなくなってから

恐らく、今月の7日頃から1本も口にくわえていない

ニコチン依存症の俺にとっては、2週間タバコを吸っていないとい

うことは奇跡に近い。

それにしても、今回に限っては‘止めようという強い意志’のためか

まったく、タバコを吸いたいという気持ちにならない。


実に不思議である。

タバコを止めたということで、妻を含めて子供2人が喜んでいる。

もう何年も前から3人から‘止めろ’という要望が強かったが、それ

をずっと無視してきたからね。

妻に至っては、この好機を逃してはならないと思ってか、今

タバコを止める最良の方法と言われている、離煙パイプという

ものを購入してきた。

聞くところによると、妻の妹の旦那さんもこの‘離煙パイプ’で

難なく、止められたという成功事例がある。

タバコを止めたいと思っている我々にとっては、隠れたヒット商品的

な存在のようだ。

値段は12600円もするのですが、相当売れているようです。



全く吸う気になれない状況なので、この離煙パイプの効能を試す

ことはできない。

俺としては、もったいないが、このままこの離煙パイプのお世話に

ならず、タバコとおさらばしたいと思っている。


ただ、

止めてみて分かったことは、

ホントタバコの煙の臭いは‘不快’だということ。

この臭いを嗅ぐだけで頭が痛くなる。


ん..つくづく思うが、人間は勝手でもある。

今、自分が嫌だと思うことを2週間ほど前までは、他人に平然と

やっていたわけだからね。






最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ


2008年01月13日

小さな幸せ

パリ、ロンドン、ローマ、デュセルドルフ、ニューヨーク、サンフラ

ンシスコ、ロサンゼルス、香港、シンガポール、台湾、中国本土、

横浜等々。

前職での仕事柄、いろいろな国に出張していた。

出張すれば、当然その国の飯を食うわけだが、何日も滞在していると

ご当地食に飽きてくる。


そう、飽きてきて“胃が疲れた時”に食うのが、中華であった。


中華にかんしては、何処の国にいっても華僑がいるので、安くて

旨い中華にありつけるので、ホント重宝したね。


何処の国もそれなりに旨いものを提供していたが、香港とシンガポー

ルのそれは、平均値は高く、店によっての当たりはずれがなかったよ

うに記憶している。

割とまずいと思ったのが、中国本土と台湾だ。

どちらも中華の本場になるわけだが、味付けが今ひとつ泥臭く

日本人の洗練した舌に、どうも合わないような気がした。


では、一番どこの中華が美味しいかと問われれば、

断然、それは日本だと思う。

それも個人的には断トツ、“銀座アスター”だ!


銀座アスターは旨いが、高い。

よって、年に何回も家族で飯が食える処ではない。

だが、本日は長女の成人式のお祝いということで、浦和の銀座アスタ

ーで親戚一同が集まり、会食をした。

総勢10名程度であったが、皆それぞれ料理に満足してくれていたよ

うだ。

北京ダックの丸ごと焼いたものを、料理長がわざわざデモンストレー

ションとして、切り分けてサービスしてくれた。


その時に、その料理長が我々にむかって


「家族で銀座アスターで食事を取られることができる方々は非常に

幸せです云々」といった内容のことをリップサービスだと思うが、

語っていた。


だが、俺としてはホントその通りだと心から思った。

人間の“幸せ”の定義は人それぞれ違うと思う。

旨いものを食べながら、その至福の時間をお互いに共有し合う。

昼食でありながら2時間半、俺にとって小さな幸福感を味合えた

有意義な時間であった。

今の環境に感謝しなければ。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2008年01月12日

ダブルショック!

84、

34.6、

1559、

これらの数字の意味は?


体重84キロ、体脂肪率34.6%、基礎代謝1559カロリ

今の俺の身体にかかわる数字データ

身長178cmであるので、身長からみれば明らかに今の体重は

“デブ”の領域だ。


去年、夏から秋にかけてウォーキングをしていた時期には、80キロ

位だったので、運動を止めて、4キロも太ったことになる。

これ、かなりやばいと思う。





午後、女房殿と一緒に佐野のアウトレットにカジュアル用のコート

を買いに行く。

ブルックス・ブラザーズ、ニューヨーカーをはじめ、ありとあらゆる

店を覗いて、試着する。

しかし、自分の体型にあうものが全くない。

大きさはLサイズであるが、Lでもキツイ。

中年の体型というより、すっかり“デブ”の体型である。

ショック!


仕方がないので、AIGLEのダウンジャケット XLサイズが

あったので、これ購入。

今の自分のジャスト・サイズはXLサイズか。

これはかなりやばいな。

今年の目標らしきもので挙げた、健康管理。

真剣に取り組まなと、いかん。


本日、自宅近くのヤマダ電機にてオムロンの体重測定器と万歩計

を即効購入する。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2008年01月09日

良いと思えば、即行動!

最近、ズーット続いているの‘頭痛’と肩こり。

それに、ここ3日間まったく‘煙草’を吸う気にならない。

昼食後に1本吸ってみたが、気持ち悪くなってすぐに吸ってしま

った。

明らかに身体の何処かががおかしい。

身体の変調かな、煙草の臭いすら嫌だ。

ヘビースモーカーである自分にとって、このように煙草が嫌いに

なることはめったない。

そこで、今が‘禁煙’の絶好のチャンスだと思い、ネットで禁煙外来

を行っているクリニックを探す。

禁煙外来を行っているクリニックは多いが、意外にも「保険適応」の

クリニックは極端に少ない。

自宅近辺である大宮周辺では、東浦和にあるクリニック1件のみ。

アクセスが悪いので、ここはパス。

仕方がないので、勤務先六本木周辺で検索してみる。


‘結び葉クリニック’という診療所が保険適応でやっているような

ので、詳細を聞いてみて、もしよければ通院しようと思う。


あと、先日目標らしきもので掲げた‘フォト・リーディング’だが、

これもネットで、いろいろ調べた。

どうも、あの神田さんが主催しているセミナーが人気が高いようであ

る。


経済評論家である勝間和代さんがリコメンドしていた‘園 喜博’と

いう講師が主催するセミナーに至っては、3月末までどのコースも

満杯という、超人気振りである。

ちなみに、参加費用は

2日間の約20時間の昼食付、10名限定で

何と113、400


これが、高いか・安いかは各個人の価値観によるとは思うが、

世俗的に考えれば、11万はいかにも高い!


でも、一方、どの講師によるどの日程もほぼ満杯という現実も存在する。

その超人気ぶりを考えると、‘フォト・リーディング’が単に速読の

手法というものではないだろう。


恐らく、何らかのパラダイムシフトを提供してくれるオペレーション

システムのようなものではないかと密かに想像している。


たまたま、‘園 喜博’講師のセミナーが3月18〜19日に追加

設定することを先ほど知り、今しがたネットで速攻申し込みした

ところ。



火曜・水曜の平日に休みを取るのは、かなり厳しいが、今から

その2日間休む前提で3月の仕事の段取りを考えれば、何とかなる

だろう。


セミナーの内容等は、後日このブログで紹介するつもりですので

フォト・リーディングに興味がある方は、ぜひ楽しみにしてくだ

さい!



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2008年01月07日

今年の目標らしきもの

今年是非やりたいことが、二つある。

一つ目は昨年、途中で挫折したダイエット

体重を何としても、10キロ減らす。

そのための食事制限と筋トレ、ウォーキングを中心とした運動を励行

する。

そして、健康のために長年の悪習性であった“煙草をやめる!

ホント、心から煙草はやめたいと思っている。

いや、絶対に止めるべき!

しかし、意志がめっぽう弱い。

だから、医者に通院して禁煙することを考えている。


残る一つは、

フォト・リーディング”をマスターして速読、

多読にチャレンジする。

ネライは頭脳のOSのバージョンアップをさせること。


仕事の上での目標は?というと、残念ながら何もない。

間違っても、社会保険労務士として独立することもない。




「健康、アンチ・エイジング、フォト・リーディング」が今年の

俺のKEY−WORDかな?

果たして、今年の年末はどのような総括をするのだろうか、楽し

みだ。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ


2008年01月02日

今年の運勢は?

朝一番で大宮の氷川神社に初詣にいく。

昨日は非常に込んでいて、入場規制をしていたようであるが、今日は

朝早いこともあって、拍子抜けするほど空いていた。


参拝の後、恒例のおみくじを引く。


運勢は“吉”わーい(嬉しい顔)


「短気をおこすことはつつしむべし。何事も穏やかに慎重に

行動すれば、しくじることなし。 ただ物事を行うにはその時という

ものがあることを思うべし。」


そう言えば、昨年も同じような運勢だったな。


ただ物事を行うにはその時というものがある〜というのは、今その行

動を取るべきでないということか?


まあ、“おみくじ”にはそう書いているが、1月中旬には第一段階

のその行動を取る予定です。

吉と出るか凶と出るか分らないが、やるだけの事はやってみるつ

もり。


話は変わるけど、

箱根駅伝、面白かったね!

早稲田が13年ぶり(?)往路優勝だ。

駒沢がかたいと思うが、明日楽しみだ。

頑張れ早稲田。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2008年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます!

本年も宜しくお願い致します。

本ブログにお越しの数少ないと思われる?皆様の

ご健康と一層のご活躍を心より祈念申し上げます。


私事ながら今年はいろいろと周辺の環境を変えてみようと

考えています。
posted by 人事屋ジンベイ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

恒例の行事

午前中、母の墓参りに行く。

連れ合いは、義母が入院しているためその看病のため病院。

長女はアルバイト。

次女は友達と一緒に遊びに出かけた。

親父は腰痛とため、家で寝ている。

したがって、俺一人で墓参り。

年末、必ずお墓の掃除をし供養する。

これをやらないと、どうも気持ちが悪い。 いわゆる、年中行事。


午後、墓参りを終え、これまた年中行事の一つである年末の映画鑑賞

新都心に向かう。


見た映画は、“always 続・三丁目の夕日”

単純な映画であるが、昭和の風景画がなつかし。

ラスト・シーンでは思わず泣いてしまった。


帰りに紀伊国屋により、単行本を物色。

「このミステリがすごい 1991年度第一位」とうい表題に引かれ

“行きずりの街”志水 辰夫を購入。

ミステリーを読むのは何年ぶりだろう。


たまには、専門書を離れてミステリーを楽しむのも、気分転換には

いいかも。

今日の夜の楽しみが増えた。


今年も残すところ一日だけだが、すべてやらなければならないこと

は終了した。

あと一日ゆっくり過ごそうと思う。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ


2007年12月29日

徒然なるままに

「仕事のヒント」神田 昌典から

過去にこだわり、未来に不安を感じると、現在のエネルギーが使われ

る。


解説:
子供が常に元気一杯なのは、いまこの瞬間を生きているから。

いまこの瞬間を楽しみ、泣いて、笑う。




昨日は仕事納め。

300名分の年末調整も終了。

年賀状も25日には書き終わる。

本日、家の大掃除も無事に終了。

例年であれば、この時期、今年の反省などを書き綴っていたが、

あえて今年はそれはしない。

でも一つだけ、心しなければならないことがことがある。

それは、冒頭に紹介した神田さんの「仕事のヒント」で紹介された

教訓。


過去にこだわり、未来に不安を感じると、現在のエネルギー

が使われる。



会社を辞めて、今に到る間、常に“過去にこだわり”、“未来に不

安”を感じていた自分が、そこにいた。

この囚縛から逃れたい。

来年こそは!

果たして、出来るかな?



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年12月13日

鬱病の社員との面談

昨日、うつ病で休職していた部長と職場復帰の件で面談する。

本人の希望は年明け7日からの勤務。


医者の診断書には、復帰可能というような表現で記載されていたが

私的には復帰には、まだかなり無理があるのではと判断した。


会って話をした感触だが、目は空ろで挙動不審。

話し声にまるで生気がなく、あの病気特有の唇、喉の渇きからくる、

旨く話せないという状態であった。


服用している薬の種類や何かを教えてもらったが、いずれも強い

もので、かつ5種類と多い。

自分は軽度の鬱であったため、一番つらい時期で3種類の薬を飲んで

いたが、治療後6ケ月位から症状が軽くなったために1錠に減らした。


医者ではないので、正確な判断はできないが、経験則から言って

‘5種類’もの薬を常用していて、かつ薬の量が減っていないとい

うことは、小康状態が続いているものと思われる。


いわゆる、決して‘良くなっている状態’ではいということ。


医者の出す診断書というものは、結構適当なものだ。


まあ、ここは6ケ月の休職期間満了のということで、本人が医者に無理

をいって診断書を書かせたことは想像できるのだが。


鬱病の休職期間満了による職場復帰の判断、これは非常に難しい。


今の状態で就労されても、まともな仕事はできない

就業環境を考えると、本人の病状回復にはプラスにならない

受け入れる部門のスタッフの彼への対応を考えると負荷が多すぎる



そう考えると、今後の対応策は二つ。

一つは休職期間の延長の措置

それと休職期間満了による自然退職


いずれにしろ、会社の指定する病院にて診断してもらい、その診断

結果により、対応策を考えるべきと、ボスには進言するつもり。





最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年11月16日

支部必須研修に久方ぶりに参加する

本日、午後半休をとり、

千代田・中央支部の必須研修に参加する。


社労士会の研修に参加するのは、なんと4年ぶりです。

お互いを“先生”と呼び合うギルド社会には個人的に、どうも

馴染めず、会合等含め遠ざかっていました。


研修会の冒頭に、東京会の副会長の挨拶があり、

のっけから第8次社労士法改正では、簡易裁判における代理権

取得を掲げるので、“会員の皆様、よろしく!”ときた。

何をよろしくか?まったく意味不明であったが、この件に関して

かなり、力が入っていた事だけは理解できた。

相変わらず、○○さんは演説は下手だね。


でも、社労士会が何であそこまで

簡易裁判における代理権取得にこだわっているのか、理解できない。

職域拡大としきりに言うが、社労士の職域は“裁判所”にはないと、

個人的には思う。

社労士の本来業務、職域は企業内の“労務管理”、これが使命で

あると思ってきたし、今もそれは変わらない。

連合会、社労士会の目指す方向性が、今ひとつ分らない。

ますます、“社会保険労務士”という資格の存在理由、価値がわか

らなくなってきた。



本日の研修のテーマ
@弁護士による「労働裁判における和解の実際」

A東京労働局職員による「パートタイム労働法改正について」


セミナーでの収穫は、

資料として配布された「パートタイム労働法が変わります」という

小冊子かな。

予想以上に分りやすく記載されており、実務で使えそう。


posted by 人事屋ジンベイ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

ISO関連ビジネス、その一例

本日は、例の内部監査員養成研修の講師依頼の件で、中小企業診断士

のB先生にコンタクトを取る。

この先生は、技術士の資格も保有しておりISO専門のコンサルタント。

こんな感じで、企業内研修の講師も引き受けるが、主要な仕事は

ISOサーベランス等における‘審査員’が本業。


審査員の仕事で、全国各地へ出張する機会が多く、1年のうち

150日以上、出張している。

まさに、ISOを専門として飯を食べている診断士なわけである。


ちなみに、どれぐらいのフィーがかかるかというと


講師料は、1日当たり20万。


2日間実施するので、トータル40万(テキスト代及び雑費で8万は

別途)。


1日、休憩を除き7時間が実質の研修時間なので、


実労働で計算すると、1時間当たり約28000円exclamation×2になる。



これが安いと思うか高いと思うかは、人それぞれだけれど、

ISOにおける研修講師の相場は、大体こんなところと聞いている。


また、ISOサーベイランスの審査料だが、これは実施法人の従業員数

と審査員の人数により、その料金は異なるが、

ウチの場合は、例年200万ほど日本能率協会へ支払っている。


ISOサーベイランスとは、分かりやすく言うと、

お金を払って、所轄の労働基準監督署に自社の労務管理が‘労働基準

法’にそって運用されているかどうか、審査を受けるというような

もの。


法令に違反していれば、当然‘是正勧告’が出て、当該企業は

その勧告内容にしたがって、是正処置を考える。


ISOの審査の仕組み及び考え方は、これとまったく同じで

所轄の労働基準監督署が民間の‘日本能率協会’、監督官は‘審査

員’に変るだけ。


だが、

問題は、その是正勧告と勧奨の内容。


「やれ、この書類が足りない」、「所定の欄に責任者の印が押されて

いない」等々、じつに重箱の隅をつく取るに足りないものが多い。


事務局として、いつも思う最大の不満はここにある。


目的は‘経営の質の改善’にあるはずなのですが、アウトプットされ

た成果物は、お粗末そのものもうやだ〜(悲しい顔)


コスト・パフォーマンスが悪すぎる!



去年もこの時期、サーベイランスの件で愚痴ったブログを書いた記憶

があるが、

来年3月には、次年度のISOサーベイランスが待ち構えている。


‘不満’を抱えながらも、制度維持の為に毎年受審が義務ずけられ

るこの制度、胴元である日本能率協会とその周辺で働く‘審査員’と

‘コンサルタント’にとっては、実においしい商売だと思う。


いつぞや酒の席で

診断士のB先生の年間の売上=収入が1500万以上と聞いて、それを

確信した。





最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年11月06日

内部監査と労務監査

例年、この時期になるとISO内部監査員の養成研修を行っている。

今年は新潟の事業所で30名程度1泊2日で行う予定。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ISOを取得すると年1回以

上法人内にて、必ず内部監査を励行しなければならない。


その内部監査を行うに際して、内部監査員の研修を受けた一定の資格

を有するものが、その監査を行う必要があるため、毎年こうして研修

を実施しているわけです。




ISOの基本はPLANーDOーSEE−ACTIONのマネジメント・サイクルだが、

この内部監査では、各業務プロセスにおいてISOが要求している

‘規格要求事項’を満たし、手順どおり運営されているかSEE=

チェックするところになります。

監査の結果、ISO運営上、大きな支障をきたす事項が散見された

場合には、その監査員は被監査部門に対して、「是正勧告」を出して

その原因の追求と是正処置を求めることになります。





同一法人内の部門間監査だと、どうしても監査と被監査部門が、同じ

職場内の人間になるため、監査自体が‘お手盛り’になる傾向が

あるので、うちは、法人内の部門間監査と法人間監査を年2回行って

います。


だが

法人間監査に関しては、法人には、すこぶる嫌がられている。



その訳は


これをやることによって、マネジメント部門、サービス部門、管理部

門含め、内包されている問題点がすべて丸裸にされ、

第三者によって、法人内のいわゆる‘問題点’があぶりだされてし

まうからです。


まあ、監査を受ける立場の法人で考えれば、あまりいい気持ちがしな

いということは、十分に承知の上です。



自分としては、

‘組織の中でおかしいなことや不正が散見された場合に、それがおか

しいと正面切って指摘できる職員を育てるための、訓練の場’、また

“健全な組織運営のためのツール”としてこの内部監査を活用してい

ます。

この仕組みを定着させるまで2年ほど要しましたが、現況の運用状況

およびその効果を考えると、‘コンプライアンス’という視点から

も、十分うまく機能しているようです。



人事部長時代に、グループ企業内の“労務監査”という一つの仕組み

を作って、制度として導入したのだが、自分が去った後、いつの間に

か、それが無くなってしまった。

当時、労務管理という視点にあまり価値を置こうとしない傾向にあっ

たトップをなんとか口説いて、やっと導入したものなので、非常に残

念かつ未練が残っている。


そこで、今

この内部監査の監査項目の中に“労務に関する項目”を入れて

秘かに“労務監査”を復活させることを考えている。


これなら、誰からも文句は出ないはず?


そんなことで

あいかわらず、ISOは好きになれないが、食わず嫌いなところもあ

るので、本格的に品質管理の勉強をしてみようかと考えている今日こ

の頃です。


これで来年の課題は決まった、リバイバル労務監査。






最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年10月21日

実務セミナーに参加して

土曜・日曜の2日間、N法令の実務セミナーに参加する。

講師は、森さんと岩崎さんの両名。


6年位前に、森さんの“割増賃金セミナー”を受けた時に、固定残業

定額残業の考え方、理論構成に対して、大きなインパクトを受けた記

憶があったが、

今回のセミナー、「労働時間・割増賃金の実務セミナー」は、それ以

上に有益であった。

労働時間法制に対して、不十分に理解していたところ、誤解して

いたところが、明確に理解でき、かつ

実務上、即使える濃いノウハウが吸収できたところは、大きな収穫。


しかし、こういうセミナーに参加して、何時も思うことは、

同じ“社会保険労務士”でも、経験に裏付けられたノウハウ、技能

、知識の差が個々によって格段に違うということ。

極端の例で言えば、受講料を支払って講義を聴いている“社会保険

労務士”と講師としてノウハウを提供しているの“社会保険労務士”

が存在しているわけで、この相違はどこから生まれるのか?


周りを見渡してみると、どうもこの業界における経験の長さ

だけではなさそうだ。


そんな事を考えていたら、ふと受講生として参加している自分が

少し、情けなく感じてしまった。


知らないこと、知らなければならないことが、山ほどある。



まだまだ、労務管理のプロと呼ばれるには程遠い。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年10月01日

雑感

8月後半以来、引きずっている案件が今だ解決できず、今ひとつ

仕事に集中できない。

自分の手から完全離れ、あとは経営判断を仰ぐだけだから、考えても

仕方がない。

まあ、経営陣が出す結論は先刻承知の上。

こういう時は、余り考えすぎるのは止めよう。

そんなことで本日、気分転換の意味で丸善で本を物色する。

面白そうな書籍を2冊見つけたので、購入した。


●会社の品格 幻冬舎新書 小笹芳央著

●人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ 日経BP社 稲盛和夫著


あいもかわらず、人事関係の本、『会社の品格』というネーミング

にひかれ、思わず買ってしまった。

でも リンク アンド モチベーション社の小笹さんの新書だから

まず、外れることは有り得ないだろう。


もう一冊は尊敬する稲盛さんが、西郷隆盛の『南洲翁遺訓』を通じ

て、“人間が正しくいきていこうとするうえでの普遍的な哲学”を

稲盛流に語った人生訓。


どちらも、共通するキーワードは“品格”。


自分の深層心理の中で、恐らくこの“品格”という言葉が引っか

かって、この本を選んだ可能性は大である。


ということは、

品格ある会社で、品格ある経営陣のもとで、品格ある仕事が

したいという心の叫びか?



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年09月10日

俺の話も聞け! 

先週は風邪により一日だけ寝込んでしまった。

翌日は台風で電車が止まり、会社に着いたのは午後の1時。

おまけに着くなり、社長より呼び出しを受け、社長室にて‘ある案

件’の説明と釈明。

いつものように99%一方的に話され、頃合をみて1%の時間を外

せない重要な点をこちらから説明する。

こちらの説明を十分理解しているかどうか不明だが、

この1%の時間を相手からもぎ取ることは極めて重要。

なぜなら

後から、‘報告を聞いていない’という叱責を受ける状況に追い込

まれることが、まあまあるのだ。


機関銃のごとくまくし立てられるので、普通の人は一言も発せず

社長室から出てくることも多い。

1時間も2時間も聞きっぱなしというのは、実に疲れる。

時には精神的におかしくなるときもある。

今回も案の定、俺が出した打開策では‘NO’である。

顧問弁護士と税理士を入れて、問題に対処せよとの下命。

十分、相手との‘信頼’ベースによって解決できる案件であるに

もかかわらず。


それに、嫌なんだな、あの弁護士に相談するの、こんな程度の

問題で〜よ。


そんなことで、

9月一杯は、この件の処理でてんてこ舞いに陥ること必至。


しかし、嫌な感情、気持ちは今日この日におさらばして、

明日からは、メンタル面に十分注意して、思いつめず、楽な気持

ちで仕事をするのだ。


決意。


NO MORE ‘UTSU’



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年09月01日

今日はちょっと娘の話

長女がスペインへ1ケ月程の短期語学留学していたが、本日帰国する。

久し振りの家族4人の夕食だ。

例年、早稲田が主催して提携校であるサマランカ大学にてスペイン語

の外国人向けの講座が開設されている。

日本からは早稲田以外、色々な大学の学生も参加しており、学生以外

の社会人も結構、参加しているようだ。

外国人向けのスクールなので、東南アジア・アメリカ・ブラジル

ヨーロッパの国々から集まってきており、まさに国際色豊か。

本人いわく、一番の収穫は、色々な国の学生と話す機会を得て、

何人かと友達になれたと嬉しそうに話していた。

自分の大学生の頃は、外国旅行とか留学する奴は極端に少なかった

が、今はごく普通のことのようだ。

当世の学生はホント恵まれていると思う。


来年には彼女も3年になるので、

話のついでに、長女に卒業後の進路に関してそれとなく聞いてみる。

薄々は感じていたが、やはり大学院で勉強したいという希望のよう

だ。

それも、海外、アメリカの大学院だ。

これには少し驚いた。

ただ、俺の稼ぎが少ないことを知っているので、卒業後2年位勤めて

自分で学費は稼ぐと話していた。

ほっとする反面、親として多少は経済的に援助する必要があるので、

その工面を考えると、頭が痛い。

なにせ、次女がまだ高1で大学受験を控えているので、大変だ。


今からこの7年間が経済的に一番しんどい時期になるな。

来年には、ずーっと考え、あたためてきた‘ある事’を実行して

みようか。

そんなことを‘ふっと’考えながら暗い夜道をウォーキングして、

いま風呂の入って体重計にのっている。

相変わらず体重は減る兆しはない…

しかし、事を成す為には継続と努力、忍耐が必要。

そう、何事においても。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。