2007年11月01日

男子の本懐?

本日、本部の役員から相談があるといって、呼び出しを受けた。


嫌な予感。


大体、俺に相談したいというときは、いつもやっかいな‘人事上の

問題’と相場が決まっている。

既に人事から離れている俺に相談すること自体、おかしな話で、

ホントつくづく、変な組織だと思うよ。


役員室で話を聞くと、やはり‘予感が的中’


相談内容は、‘うつ病’から復帰した部長の処遇の問題だった。


話を聞く限り、この件についてはトップであるボスの見解は、

「雇用関係の終了」という結論を出しているようで、その担当役員

としては、ボスからの指示により、

何とか‘合法的’に解雇できる方法がないか、妙案を俺に求めて

来たわけだ。


ただ、これは表向き。


かの役員氏も‘うつ病’から復帰したばかりの者をいきなり解雇

することが、無理であるいうことぐらいは、先刻承知。

恐らく

良識派と評されている?俺を巻き込んで、ボスの暴走を止めるため

の説得工作に、利用したいというところが、本音だろう。



オーナー企業のワンマン社長に仕える役員は大変だ。

トップからの指示を、一歩判断違えようものなら、NO−2と言われ

る役員ですら、直ぐにクビが飛ぶ。


そこで、俺の人事労務屋としての見解と判断が盾として必要になっ

てくるわけだ。



利用されていることが分っていても、いざ頼られてしまうと、イヤと

は言えない、自分がもどかしい。


ただ、

社長の逆鱗に触れた理由を考えると、懲戒処分は致し方ないとして

も、解雇は明らかに乱暴だ。


それに、

“うつ病’と診断書が出ている以上、会社としての対処を慎重、かつ

適切に行わないと、命にかかわる問題に繋がりかねない。


ここは、乗りかかった舟に乗るしかない。




また、社長と対峙しなければならない案件が一つ増えてしまったが、

やたらとモチベーションが上がっている、自分がそこにいた。


おそらく、人事労務にかかわる仕事が、ホント好きなんだろう。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ








posted by 人事屋ジンベイ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63918174

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。