2007年10月21日

実務セミナーに参加して

土曜・日曜の2日間、N法令の実務セミナーに参加する。

講師は、森さんと岩崎さんの両名。


6年位前に、森さんの“割増賃金セミナー”を受けた時に、固定残業

定額残業の考え方、理論構成に対して、大きなインパクトを受けた記

憶があったが、

今回のセミナー、「労働時間・割増賃金の実務セミナー」は、それ以

上に有益であった。

労働時間法制に対して、不十分に理解していたところ、誤解して

いたところが、明確に理解でき、かつ

実務上、即使える濃いノウハウが吸収できたところは、大きな収穫。


しかし、こういうセミナーに参加して、何時も思うことは、

同じ“社会保険労務士”でも、経験に裏付けられたノウハウ、技能

、知識の差が個々によって格段に違うということ。

極端の例で言えば、受講料を支払って講義を聴いている“社会保険

労務士”と講師としてノウハウを提供しているの“社会保険労務士”

が存在しているわけで、この相違はどこから生まれるのか?


周りを見渡してみると、どうもこの業界における経験の長さ

だけではなさそうだ。


そんな事を考えていたら、ふと受講生として参加している自分が

少し、情けなく感じてしまった。


知らないこと、知らなければならないことが、山ほどある。



まだまだ、労務管理のプロと呼ばれるには程遠い。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ
posted by 人事屋ジンベイ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61754107

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。