2007年08月29日

とかく専門家とは…

先日の就業規則作成セミナーでのグループ討議の際に気がつい

た事がある。



それは、就業規則に「会社の企業理念」を入れるべきか、否かが

グループ内で問題になった際の話である。



‘就業規則は労働条件と服務規律をベースに作成’されるべき

もので、そこに企業理念等の考えが入り込む余地まったくはない

という主張と、

企業理念は就業規則に積極的に入れるべきという

主張に割れた。


はっきり言って、どうでもよい論点だ。


さすがに業を煮やし

ここは「会社、経営者の判断に委ねる」ところでは?という

常識的なな自説を述べるとその場が、一気にしらけてしまった。




双方に共通している点は就業規則はこうあるべきという個人的

思い入れが強い.

そして

致命的な問題は、顧客の視点が欠如している

ということ。



ドラッカーは、専門家の行う仕事のあり方について、壁塗り職人

の例え用いて、次のように説明しています。


‘壁作りが専門で、自分の仕事に自信をもっているからといって

ただ単に壁のことだけしか考えないような職人は大きな問題であ

る。 なぜなら壁をつくるという仕事は、それより上位の目的で

ある、家を作るということの一部としてなされているということを

見落としているからです。’


ドラッカーは、この話によって、専門家の視野の狭さ、融通の

利かなさ
を指摘し問題にしています。


経験上、経営者と付き合う上で絶対に外してはいけないストラ

イク・ゾーンがあります。


それは、経営者の‘価値観、思い入れ’を尊重するという姿勢。


ここを外してしまうと、いくら会社にとって良い提案であっても

通らない。



士業と呼ばれる専門家にとっても、企業と付き合う上で

このストライク・ゾーンを外さない事は必須と思うが、

ドラッカーが指摘した問題により、そこを外してしまう不幸な

専門家が多いというのも事実。


自分自身も、もしかしてそういう傾向があるかもしれない。


専門家の視野の狭さ、融通の利かなさ

ここは、自戒の念として捉えなければならないところだ。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ
posted by 人事屋ジンベイ at 21:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
神戸の梶原と申します。

行政書士の有資格者です。
ブログ度々拝見しております。

さて、私は開業前の身分なのですが。
主催でセミナーを開催致します。

講師には、

ダイレクトマーケティングのキャリア21年。
【顧客獲得のノウハウ】を知り尽くした女性マーケッター森氏。

まぐまぐでの発行メルマガ部数2万2000部。
ホームページ等を使った【ネット集客の仕組みの構築】を知り尽くした社労士の松井一氏。

上記のお2人をお招きします。

詳細→http://0ffice-k.net/

失礼しました!
Posted by かじやん at 2007年09月02日 20:41
 こんにちは。リンクありがとうございました。

 確かに経営理念を就業規則に入れるかどうかなんて、どうでもいいことかもしれませんね。私は一応お客さんに聞いてみて、入れてと言われたら入れるようにしています。

 >致命的な問題は、顧客の視点が欠如している

 おっしゃるとおりです。社労士の中には、「経営理念を就業規則に書き込まないとダメです!!」とまで言う人もいますが、「オイオイ、それは客が決めることだろ」と突っ込みたくなるときがあります(笑)。
Posted by みのっち4864 at 2007年09月03日 10:22
みのっちさん、コメントありがとうございます。

私も下田さんの新しい書籍読んでいるところ
です。
賛否両論の評価あるようですが、一ついえるのは
就業規則の既成概念を変えたという意味で、価値はあるのではと思っています。

それにしても、“魅せ方”は天下一品の旨さ。
ここらへんはセンスの問題ですかね?
Posted by 人事屋甚平  at 2007年09月03日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。