2006年09月01日

初めての社保手続き

本日は給付の申請の手続きを行う。

手続きの内容は出産と育児に関わる申請。

出産一時金、出産手当金、育児休業取得のための申出書の作成と届出。

組合管掌なので健保組合と社会保険事務所にそれぞれ書類を作成しなければ

ならず、多少わずらわしい。

出産育児一時金の額は法定上乗せ分3万円をいれ33万円。


育児休業をする際に社会保険料の免除申請をしなかればなりませんが、

この申請書が“育児休業等取得者申出書”というものです。

この申出書のなかに、「養育のための休業する期間」を記入します。

初めて書く書類なので、最初この養育のための休業期間が何時から始まるの

か迷いましたが、社労士試験の際に健康保険法を勉強した“産後56日”と

育児休業の“1歳に達する日迄の育児休業”を思い出し、この期間を記入

することができました。

やはり、ここらへんは実務をやっていないとピーンとこない部分ですね。

7年以上前に勉強しただけで、手続き業務未経験の私としては、1・2号業

務は決して侮れない業務ではと最近痛く感じております。

ただ、この業務は習うより“慣れろ”で半年もやればいろいろなケースに

遭遇して実務経験は積めると思います。

個人的には余り好きになれそうもない業務ですが....


話は変わりますが、来週月曜から1週間、夏休みを取ります。

別段、何処かへ行く予定も立てておらず、時間をもてやますことも多少

あるかと思いますが、ゆっくり身体のケアーをしようと考えています。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

posted by 人事屋ジンベイ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23114163

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。