2006年08月14日

交通費の控除について

退職に際して、年次有給休暇を消化して退職する場合、

具体的事例で言うと、8月31日退職で21日より有給休暇

を取得するケース。

このケースでは有給休暇分の交通費をどう処理するべきか?

1.年次有給休暇は出勤日とみなされるので、当然交通費も支給される
  べき。

2.会社の交通費の支払い義務はなく、あくまでも恩恵、裁量的に
  従業員に支払っている性格上のものなので、出勤しない以上
  交通費は支払う必要はなく、交通費を控除する。


このケースの場合、皆さんはどちらのスタンス立ち、給与計算しますか?

最初、私は1の考え方が正しいのではと思っていましたが、2の視点で

給与計算処理しました。

念のために、労働基準局にも確認しましたが、2の考え方にたち規定で

定めていればOKとのこと。

このようなケースは退職に際して、十分ありえるパターンなのでしっかり

と就業規則で定めておくべきかと思います。

でも、実際、企業によって処理方法はまちまちかと想像しますが、どちら

の考えに立って処理していることが多いのでしょうか?


個人的には1のパターンで処理が多いのではと思うのですが、皆さんは

どう思われますか?



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも上昇気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ
posted by 人事屋ジンベイ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22338802

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。