2006年08月12日

御巣鷹山と墓参り

日航御巣鷹山の惨劇から21年。

あの時、29歳であった。当時、都内の中堅旅行会社で営業の仕事

を行っていた関係で、海外および国内にて航空機に乗る機会が多く

非常にショックな事件であった。

29歳の私は、翌年結婚を控え“仕事”“プライベート”ともに人生に

おいて充実していた。

あの当時は旅行業で一生、勤め上げるつもりであった、まさか社労士

の資格をとって今の仕事をするなど、夢にも思っていなかった。

人生、何処で何が変わるか分らないものです。


本日は妻と二人で、茨城の五霞村にある“母の墓”の墓掃除にいく。

自宅から車で約1時間。

母の死から11年、享年72歳、早すぎる死であるが、仮に今生き

ていたとしても、身体の非常に弱かった母にとっては、辛い日々を

送っていることだろう。


御巣鷹山の惨劇、母の死、過去の自分、今の仕事、将来のあるべき姿

あまり繋がりがないことですが、いろいろと考える事が多い一日でした。


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも上昇気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ
posted by 人事屋ジンベイ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。