2006年08月01日

給与実務の重要性

私、元来細かな仕事は苦手です。

かつ、ここ数年事務処理的な業務を経験したことがなく

現在の給与計算の引継ぎ業務は難儀しています。

しかしながら、引継ぎの業務を行い、給与計算の全体像を

考えると、“社会保険、労働保険の資格の取得、変更

年度更新、算定基礎、随時改定、年末調整、住民税の異動申告と納付

源泉所得税の納付、社会保険、労働保険の喪失手続”といった、いわゆる

社労士業務の1,2号業務がオンパレードの状態です。


開業している先輩諸氏の中にも、手続き業務を受託する場合は、必ず

給与計算まで受けろと仰る方がいますが、その理由がなんとなく

分かりました。

それは、

給与計算関連業務において、あれだけ面倒でかつわずらわしい

会社の社員に関わる事務処理をするわけですから、間単には契約

解除にはならないということでしょう。


正直、今までは“給与計算なんて”という気持ちがありましたが、

実務を始めてみて、その業務の重要性、意味というのが理解できた

ような気が致します。

当たり前のよう話ですが、今の自分にとっては“この気づき”は

意味があります。


あらためて社労士にとって1、2号業務がいかに大切であるかが

身をもって理解できるようになった今日この頃です。





最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも上昇気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ
posted by 人事屋ジンベイ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

パートと税金
Excerpt: 年収103万円 パート で得た収入は 給与所得 になるため....
Weblog: 賢く労働・楽して収入【お仕事総合インフォメーション】
Tracked: 2006-08-03 03:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。