2006年07月27日

解雇予告手当ての事務処理

 またまた、解雇する社員が出て、本日はその事務処理。

 今月で2件目。ずいぶん、解雇対象者が多く、いったい

 弊社の人事労務はどうなっているのかと思う方も多いか

 もしれませんががく〜(落胆した顔)
 
グループ全体の社員数が3000名以上いる法人なので

 それなりに多種多様な社員もいるということで、ここは

 ご理解お願いいたします。
 
 本日、事務手続きした内容
  @ 解雇予告通知書の作成
  A 退職に関しての誓約書
  B 退職所得の源泉徴収票・特別徴収票の作成
  C 退職所得の受給に関する申告書の準備
  D 離職票の準備

 ご存知のように、解雇予告手当は“税法上”は退職手当に該当します

 ので、上記BCの書類が必要になってきます。

 源泉に関しては、2年以下勤務でも80万円の控除がありますので

 今回の解雇予告手当に関しては、課税ゼロになりました。

とにかく、退職に関わる手続きは結構神経をつかいます。

 給与計算と勤怠含めた労務管理の引継ぎ、いまだ終了せず。

 細かな引継ぎ業務が山ほどある。 

 ここのところ毎日、胃が痛い思いしています。

 

 PS
 来週、給与ソフトの講習会に参加することになりました。
 ここで、マスター登録、入力方法等の基本操作は教えて
 もらえるので、8月の業務を前にして、ちょっと一安心
 できるかなわーい(嬉しい顔)


最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも上昇気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ
posted by 人事屋ジンベイ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。