2006年06月12日

特定社会保険労務士試験対策、お奨めの1冊

本日は、1日中東京駅のにある“貸し会議室”で終日会議。

私が事務局をしているISOのマニュアル改訂作業。

ISOをご存知の方は、わかると思うのですが、あの独特の専門用語、言い回し

が障害になり、なかなか現場に浸透していません。

これが、現在のISO運用上の最大の問題点です。

そんなことで、私が中心になり極力、難解な用語を“平易な言葉”に置き換

える作業をしているところです。

ただ、
ISOがサービスの品質を高める経営のツールになりえるかと考えると

非常に疑問が残りますが...



会議終了後、八重洲ブックセンターに立ち寄り

「労働事件審理ノート」判例タイムズを購入しました。

この本、ゼミナールでの担当弁護士より是非、お奨めと紹介されたものです。

労働部門専門の裁判官が、初めて“労働事件に携わる裁判官”ためのいわゆるガイドブック的な存在です。

裁判官用の法律書といっても決して難解な語句、法律的な用語はしようされておらず、学術書というより実用書に近いないようになっています。

ポイントは、今回の特別研修ゼミナールで、弁護士から解説された、各課題
における“事件の本質の捉え方”、“法律の論点”、“判例”等が7割がた
書かれていることです。

2200円(税別)と少し高いと思われますが、ページ数を150頁と薄く、
ざーっと復習、整理するには最適な一冊かもしれません。

まだ、八重洲ブックセンター(東京)には在庫あるようですので、立ち読みして内容確認したあとにでも、検討してみて下さい。



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも上昇気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ
posted by 人事屋ジンベイ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。