2006年04月16日

この本、面白い!

最近、読んだ本で面白かったものを紹介させて頂きます。

まず、1冊目は「ヤクザに学ぶ組織論」山平重樹 ちくま新書

4480062556.01.LZZZZZZZ[1].jpg

amazonの書評では余り評価は高くはないですが、やくざ社会の「日本型組織の原型」、「リーダーシップ」、「ブランド戦略」が書かれており、ヤクザ組織は中途半端な企業のそれより余程、精巧でしっかり組織運営されていることを思わず納得してしまう内容です。

本の冒頭に、己の稼業を省みて、こんな言葉を紹介しています。
「ヤクザもの、馬鹿じゃ出来ない、利口じゃやらぬ。中途半端じゃ、なお出来ぬ」
自嘲とも自負ともつかない、この言い回しですが、これなんとなく“士業”にも当てはまるのでは?と一人ニンマリ笑ってしまいました。

「先生稼業、馬鹿じゃ出来ない、利口じゃやらぬ。中途半端じゃ、なお出来ぬ」
こう考えると、先生稼業も奥が深いのです。


2冊目は「ウエブ進化論 本当の大変化はこれから始る」梅田望夫
ちくま新書


4480062556.01.LZZZZZZZ[1].jpg

「これは物語でなく現在進行形の現実である。グーグルとネット社会の未来について、希望と不安が見えてくる。」

今、話題になっているロングテール、WEB2.0及びネット社会が今後どのようなかたちで進んでいくのかを懇切丁寧に分析、解説された良書。著者の梅田さんは現役バリバリのIT系の経営コンサルタントで、実際上のビジネスの視点から書かれているので、IT音痴の私もスンナリ読み進むことが出来ました。

でも、本当に新書は安くてかなり内容の濃い「書籍」を出版されていると思います。 とくに、「ちくま新書」は良い本出しています。
ちくま新書を買って、ハズレタことは余りありません。
費用対効果、ちくま新書はお奨めですヨ!



今日も最後まで読んで頂き、また応援・コメントありがとうございます。
よろしければ最後にポッチとお願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ


posted by 人事屋ジンベイ at 13:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ヤクザに学ぶ組織論」山平重樹
  ↑
これ非常に気になります。今度買って、読んでみますね…。

役立つ書籍の紹介に、ポチッ!
Posted by 社会保険労務士(補助者)の事件簿 at 2006年04月16日 23:38
ちくま新書は「週末起業」で有名ですよね。むしろ「週末起業」で出版社の名前を知ったといったほうが正しいかもしれません。

「ウェブ進化論」については買ってみようと思います。
Posted by 「ゴーゴー社労士」村上隆洋 at 2006年04月17日 16:50
「ウエブ進化論」の作者の方は、先日テレビに出ていました。

非常に興味ある内容でしたので、この本は一度読んでみたいと思っていました。

ウエブについては、税理士という仕事においても、今後如何に関わっていくか、が大きな差になると感じています。

Posted by 一柳 毅税理士事務所 at 2006年04月17日 17:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。