2006年03月07日

起業前の必須トレーニング

本日は、なにわの元美人社労士さんの投稿ブログに触発されて、『士業』に対する、自分の考え方を書いてみたいと思います。
結論から言うと、私は、1人起業である『士業』はかなり難易度が高い仕事ではと考えています。

なぜならば、

@ 事業計画 → A 商品企画(仕入れ) → B 販売戦略 → C 営業 → D サービスの提供 → E 代金回収 → F 経理処理 → G アフターフォロー、苦情処理といった業務プロスにおいて、全て独力で考え、判断・決定し、それを実行・処理していく能力が必要になると思うからです。
そう、全て1人で行うのです。


考えてみれば、企業内において上記のプロセスの各業務をすべて完璧に遂行できるような優秀なスッタッフは、そんなに多くはいないと思います。
少なからずとも、わが社にはそんな優秀な社員はいません。
『営業は得意だけど、商品企画はちょっと、商品企画は得意だけど営業は大の苦手。
経理はまったく分からない、事業計画なんて考えたことがない。』というのが一般的な社員像になるかもしれません。

独立前にずいぶんモチベーションの下がる話をしやがってと思われる方もいるかもしれませんが、でも
これは事実です。


私、冒頭『士業』は非常に難易度が高い仕事であると生意気言いましたが、決して、これは『独立起業を諦めた方がよい』と申しているわけではないです。

人生は1回だけです。 やりたいことがあれば大いにチャレンジするべきです。
結論を出し決断するのも、結果の責任をとるのもすべて自分人身ですから。
ただ、あくまでも、事前準備を行った上で事を始めましょうと提言しているのです。
             
目標 − 現実 = 課題
 
の数式を考えれば、あなたがやらなければならない課題が見えてきます。

かくゆう私も、“来るべきその日に備えて”目標に向かって自分の課題を設定しています。

その課題達成のために、日々秘かに“社内”にてトーレーニングを積んでおります。

それは何かというと、
社内で仕事を受ける際に、お客様からの受注と想定し、この仕事はいくら報酬が取れるか?とニンマリ想像しながら、『一人ビジネス』ゴッコで仕事に取り組んでいるのです。
社長も専務以下、取締役も私にとっては“BIG CLIENT”です。

くだらない話と笑われるかもしれませんが、
サラリーマン家業を20数年もやっていると、なかなかサラリーマンの思考、行動パターンから脱却できません。

これは、1人事業主のそれにパラダイム・シフトするための、私にとって必須のイメージトレーニングなのです。

そう、起業前に私がやらなければならない最大の課題は思考回路をWINDOW95からXPにバージョンアップさせることです。


最後にポッチとお願い致します!
人気blogランキングへ

posted by 人事屋ジンベイ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。