2006年02月05日

このブログを書く目的は..

私の場合、独立起業するあたり3つ前提条件があります。
  (1)独立起業後、すぐに「収入」を稼ぐ出せる事業スキームを考える。
  (2)従来の「社会保険労務士」の業務スタイルにこだわらない、独自の
     ビジネスモデル
で勝負する。
  (3)事業として15年は継続して仕事をする。

今年は、上記の条件をすべて満たすことが可能かどうかを検証するために、自分が現在、考えているアイデアを実際に行動して試す“トライ・アンドエラー”の1年にするつもりです。

実際、「資格」はあるけれど、独立に対して不安で躊躇している、中年のサラリーマンて本当に多いと思います。その不安の一番の要因は、独立後の収入、すなわち「食えるかどうか」というところにあると思います。
ここで、悶々と悩んでしまい、その“答え”を得ようと、開業本を読み漁ったり、また各種開業セミナーに参加してみますが、結局は明解な解が出ず、また、“ 独立 to be or not to be”の悪の思考サイクルに入ってしまうのです。

私もこの悪の思考サイクルに、平成12年に社労士試験合格後入り早6年目、既に今年で50歳を迎えます。 
さすがに年齢を考えると焦ります。(苦笑い) 健康にバリバリ働ける期間はあと15年シカナイという現実。 

この現実を考えて、実際に「2年後に独立起業」という目標を設定し、具体的な行動をしていくという決心を外に発信する必要ありと考え、かつ自分にプッレシャーをかけるという意味で、このブログを立ち上げる事にしたのです。
状況によっては、「起業」を諦めることもありえます。 ただ、考えに考えて又ヤルベキ事
をすべて実行した結果として、「起業の可否」の判断するつもりです。
一つ言える事は、「状況、現実は行動することによってしか変えられない」ということです。



同じような状況で「起業」に対して思い悩んでいる方、是非、このブログを通して、情報
交換させて頂けませんか?

コメントお待ちしておりますので宜しくお願い致します。


posted by 人事屋ジンベイ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

システムエンジニアって
Excerpt: システムエンジニアって 言ってもハウスメーカー勤務のSEなんです。 よく「そんな部署あるんだ〜」って社員や社員以外の人たち(友達、身内)に言われます。 実際の仕事としては全社でパソコ..
Weblog: admini
Tracked: 2006-02-05 23:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。