2008年01月28日

マックドナルドも、偽装管理職問題!

新聞記事より抜粋


日本マクドナルド(東京都新宿区)が直営店店長を管理職として扱

い、残業代などを支払わないのは違法として、埼玉県内の直営店店長

高野 広志さん(46)が、同社に未払い残業代など計約1350万円の

支払を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。

斉藤 厳裁判長は「管理職には当たらない」として

残業代についてほぼ全額を認め、約750万円の支払を命じた。

なお、日本マクドナルドは

「当社の主張が認められず残念。当社の主張は正しいと認識しており

ただちに控訴する方向で考える。」との弁


前回のブログでも紹介したが、企業における労務上のリスク回避の最

大の焦点は、「41条の2」の問題だと思う。

コナカに続いてマクドナルドの偽装管理職の問題が立て続けに、連鎖

のごとくマスコミに取り上げられたのは、どうもきな臭い。


この問題がここまで顕在化されてビビッているのは、外食産業や流通

業界の企業にとどまらないはず。


ウチは大丈夫なんって安穏と考えるような経営者は、リスク管理能力

が疑われる。


くどいようだが、中小企業の経営者は“自社の管理職”は労働基準法

が要求する“管理監督者には該当しない”という事実に眼をむけ、そ

の対応策を至急考えなければならない。

それも、専門的知見から。













posted by 人事屋ジンベイ at 22:09| Comment(1) | TrackBack(1) | 労働法務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。