2007年09月13日

労災保険料削減方法の一つのヒント

若干、以前から労災保険料に関する削減方法に興味をもって

いた。

社会保険料に関してのそれは、いくつかの一般的な手法は知っ

ているが、労災においては全くイメージが浮かばない。

ここは、実務をやっていないので仕方がないところなのだが、

自分なりに書籍とインターネットで調べてみた。


すると、それらしきものにぶち当たった。

それは、徴収法で出てくる

現場労災保険料=請負金額×労務比率(21%)×保険料率

という「総額方式」による算式である。

ご存知のようにこの「総額方式」は下請け業者が出入りする建設

現場では、正確な賃金を掌握することが難しいので、特例として

請負金額×労務比率で大雑把に賃金総額を出せばOKという、

保険料算出上、大変便利な方法です。


しかしながら、超楽な計算法ではあるが

上記算式の中の請負金額の中に本来除外すべき@材料費

A労災適用除外者の賃金も含まれており、当然その結果

保険料が多くなってしまうという大きなデメリットが生じ

てしまう。


であるならば、本来の方式である


現場労災保険料=(現場に従事した自社社員+下請け労働者)

×現場に従事した時間の賃金総額×保険料率

という算式の「実質賃金方式」で計算すれば

かなりの保険料が削減できるという考え方だ。


ここまでは、んん..なるほどと言った感じではあるが、

問題は


@下請け業者が支払っている賃金額

A労働時間(実際に現場において従事した時間数)

これらを、いかに正確に把握するかだ。 

この把握が面倒であるがゆえに、わざわざ「総額方式」に

よって計算しているわけだからね〜もうやだ〜(悲しい顔)


これ以上具体的な情報はつかめなかった、ここらへんに

きっと、隠れたノウハウっていうものが存在するのでは?



この方法を使えば、簡単に労務費を正確に

把握できるという智恵と技というものが。


知っている奴は知っているという世界か?
(いや以外に常識で、俺だけ知らないという可能性もあるかも
知れない。)


其開業社労士さんのブログのなかで労災保険料削減の

方法のひとつとして‘実質賃金方式’という言葉が出て

きたが、やっとその意味を薄っすらではあるが、わかった

ような気がする。


でも、一般的に建設の現場って出入り業者が多いはずだから

どう考えても、そんな簡単に労務費を正確に把握することは

相当難しいと思うのだが..



結構、この問題突き詰めて考えてみたが

まあ、ここまでが、今の俺の限界。

あとは、未知の世界。

そう考えると、この仕事って奥が深いな。





最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年09月10日

俺の話も聞け! 

先週は風邪により一日だけ寝込んでしまった。

翌日は台風で電車が止まり、会社に着いたのは午後の1時。

おまけに着くなり、社長より呼び出しを受け、社長室にて‘ある案

件’の説明と釈明。

いつものように99%一方的に話され、頃合をみて1%の時間を外

せない重要な点をこちらから説明する。

こちらの説明を十分理解しているかどうか不明だが、

この1%の時間を相手からもぎ取ることは極めて重要。

なぜなら

後から、‘報告を聞いていない’という叱責を受ける状況に追い込

まれることが、まあまあるのだ。


機関銃のごとくまくし立てられるので、普通の人は一言も発せず

社長室から出てくることも多い。

1時間も2時間も聞きっぱなしというのは、実に疲れる。

時には精神的におかしくなるときもある。

今回も案の定、俺が出した打開策では‘NO’である。

顧問弁護士と税理士を入れて、問題に対処せよとの下命。

十分、相手との‘信頼’ベースによって解決できる案件であるに

もかかわらず。


それに、嫌なんだな、あの弁護士に相談するの、こんな程度の

問題で〜よ。


そんなことで、

9月一杯は、この件の処理でてんてこ舞いに陥ること必至。


しかし、嫌な感情、気持ちは今日この日におさらばして、

明日からは、メンタル面に十分注意して、思いつめず、楽な気持

ちで仕事をするのだ。


決意。


NO MORE ‘UTSU’



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年09月01日

今日はちょっと娘の話

長女がスペインへ1ケ月程の短期語学留学していたが、本日帰国する。

久し振りの家族4人の夕食だ。

例年、早稲田が主催して提携校であるサマランカ大学にてスペイン語

の外国人向けの講座が開設されている。

日本からは早稲田以外、色々な大学の学生も参加しており、学生以外

の社会人も結構、参加しているようだ。

外国人向けのスクールなので、東南アジア・アメリカ・ブラジル

ヨーロッパの国々から集まってきており、まさに国際色豊か。

本人いわく、一番の収穫は、色々な国の学生と話す機会を得て、

何人かと友達になれたと嬉しそうに話していた。

自分の大学生の頃は、外国旅行とか留学する奴は極端に少なかった

が、今はごく普通のことのようだ。

当世の学生はホント恵まれていると思う。


来年には彼女も3年になるので、

話のついでに、長女に卒業後の進路に関してそれとなく聞いてみる。

薄々は感じていたが、やはり大学院で勉強したいという希望のよう

だ。

それも、海外、アメリカの大学院だ。

これには少し驚いた。

ただ、俺の稼ぎが少ないことを知っているので、卒業後2年位勤めて

自分で学費は稼ぐと話していた。

ほっとする反面、親として多少は経済的に援助する必要があるので、

その工面を考えると、頭が痛い。

なにせ、次女がまだ高1で大学受験を控えているので、大変だ。


今からこの7年間が経済的に一番しんどい時期になるな。

来年には、ずーっと考え、あたためてきた‘ある事’を実行して

みようか。

そんなことを‘ふっと’考えながら暗い夜道をウォーキングして、

いま風呂の入って体重計にのっている。

相変わらず体重は減る兆しはない…

しかし、事を成す為には継続と努力、忍耐が必要。

そう、何事においても。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。