2007年08月29日

とかく専門家とは…

先日の就業規則作成セミナーでのグループ討議の際に気がつい

た事がある。



それは、就業規則に「会社の企業理念」を入れるべきか、否かが

グループ内で問題になった際の話である。



‘就業規則は労働条件と服務規律をベースに作成’されるべき

もので、そこに企業理念等の考えが入り込む余地まったくはない

という主張と、

企業理念は就業規則に積極的に入れるべきという

主張に割れた。


はっきり言って、どうでもよい論点だ。


さすがに業を煮やし

ここは「会社、経営者の判断に委ねる」ところでは?という

常識的なな自説を述べるとその場が、一気にしらけてしまった。




双方に共通している点は就業規則はこうあるべきという個人的

思い入れが強い.

そして

致命的な問題は、顧客の視点が欠如している

ということ。



ドラッカーは、専門家の行う仕事のあり方について、壁塗り職人

の例え用いて、次のように説明しています。


‘壁作りが専門で、自分の仕事に自信をもっているからといって

ただ単に壁のことだけしか考えないような職人は大きな問題であ

る。 なぜなら壁をつくるという仕事は、それより上位の目的で

ある、家を作るということの一部としてなされているということを

見落としているからです。’


ドラッカーは、この話によって、専門家の視野の狭さ、融通の

利かなさ
を指摘し問題にしています。


経験上、経営者と付き合う上で絶対に外してはいけないストラ

イク・ゾーンがあります。


それは、経営者の‘価値観、思い入れ’を尊重するという姿勢。


ここを外してしまうと、いくら会社にとって良い提案であっても

通らない。



士業と呼ばれる専門家にとっても、企業と付き合う上で

このストライク・ゾーンを外さない事は必須と思うが、

ドラッカーが指摘した問題により、そこを外してしまう不幸な

専門家が多いというのも事実。


自分自身も、もしかしてそういう傾向があるかもしれない。


専門家の視野の狭さ、融通の利かなさ

ここは、自戒の念として捉えなければならないところだ。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。