2007年08月29日

とかく専門家とは…

先日の就業規則作成セミナーでのグループ討議の際に気がつい

た事がある。



それは、就業規則に「会社の企業理念」を入れるべきか、否かが

グループ内で問題になった際の話である。



‘就業規則は労働条件と服務規律をベースに作成’されるべき

もので、そこに企業理念等の考えが入り込む余地まったくはない

という主張と、

企業理念は就業規則に積極的に入れるべきという

主張に割れた。


はっきり言って、どうでもよい論点だ。


さすがに業を煮やし

ここは「会社、経営者の判断に委ねる」ところでは?という

常識的なな自説を述べるとその場が、一気にしらけてしまった。




双方に共通している点は就業規則はこうあるべきという個人的

思い入れが強い.

そして

致命的な問題は、顧客の視点が欠如している

ということ。



ドラッカーは、専門家の行う仕事のあり方について、壁塗り職人

の例え用いて、次のように説明しています。


‘壁作りが専門で、自分の仕事に自信をもっているからといって

ただ単に壁のことだけしか考えないような職人は大きな問題であ

る。 なぜなら壁をつくるという仕事は、それより上位の目的で

ある、家を作るということの一部としてなされているということを

見落としているからです。’


ドラッカーは、この話によって、専門家の視野の狭さ、融通の

利かなさ
を指摘し問題にしています。


経験上、経営者と付き合う上で絶対に外してはいけないストラ

イク・ゾーンがあります。


それは、経営者の‘価値観、思い入れ’を尊重するという姿勢。


ここを外してしまうと、いくら会社にとって良い提案であっても

通らない。



士業と呼ばれる専門家にとっても、企業と付き合う上で

このストライク・ゾーンを外さない事は必須と思うが、

ドラッカーが指摘した問題により、そこを外してしまう不幸な

専門家が多いというのも事実。


自分自身も、もしかしてそういう傾向があるかもしれない。


専門家の視野の狭さ、融通の利かなさ

ここは、自戒の念として捉えなければならないところだ。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年08月27日

ああ..ダイエット

今、ウゥ−キングから帰って来たところ。

今日、ウォーキングの最中、久し振りに走ってみた。

200mくらい走ったが、息はゼイゼイするし身体が異常に重く、

途中でギブアップする。

とてもじゃないが、走れない。

走っている時に身体のある部分に異様な違和感を感じた。

それは“胸の贅肉がプルンプルン”と揺れるのである。

早い話、オッパイが左右に揺れて、その揺れがなんとも

気持ち悪い。



現在の体重は80Kg。


身長は177cmあるので腹のメタボ以外はさほど気になって

いなかったが、オッパイの揺れは予想外であった。

これって、もしかして肥満の兆候かもしれない。

現在、ウゥ−キングの運動だけで食事療法は併用してないの

だが、どうやら食事制限も必要のようだ。

昨日、日経の朝刊に『いつまでもデブとおもうよな』新潮新書

という、面白そうなダイエット本が紹介されていた。

題名が少し気になっていたのだが、明日こっそり買ってみよう。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年08月23日

就業規則作成講座に参加して

先週の土日、日本法令主催による就業規則作成講座に参加した。

今、流行の「リスク回避型就業規則」の作成方法、考え方が中心

のセミナーであった。

グループ討議をした後に発表を行い、その発表に対して講師がコメ

ントするパターンの講義形式なのだが、このセミナーから得た

収穫は、


1.参加している開業社労士の方々との討論、発言をとおして
  自分の労働法分野における力量がどの程度か分かった

2.就業規則の付加価値の「付け方」と「見せ方」のポイント
  及び重要性が理解できた

3.知識としては日頃、グレーと感じていた民法627条の雇用
  の2週間後の終了と辞職との関係、そのエスケープ方法
  として「合意解約」による退職期間の延長


この三つである。


なにせ、25000円程度のセミナーだからこの程度の収穫で

十分だと思う。


退職時の有休消化回避の運用方法に関して、講師に質問してみたが

あっさりかわされてしまった。

会話の中で、この講師、その実務上の処理方法を確実に知っている

なと感じたが、さすが「金になるノウハウ」ゆえに、そう簡単に教

えてくれるわけがないと自分で納得する。


まあ、ここら辺のノウハウの蓄積は、実際に金をもらって就業規則

を作成、運用していく中でしか得られないものだからね。

机上の知識を活きた‘智恵’に換えるのは実践を積むしかないと思

う。

この活きた‘智恵’の等価交換としてお金が発生するわけで、お客は

決して知識に対しては金は払わない。


そう考えると、仕事が取れない社労士は何時までもノウハウの蓄積も

できず、知識の保有能力はあっても智恵に昇華できない悪循環か。

という結論を自分に課し、仕事を取るための

就業規則の付加価値の「付け方」と「見せ方」を少し探求してみよう

と思っている。


知識はそこそこあるが、実務の運用に耐えるだけの智恵がまだまだ

足りないね、俺の経験、レベルでは…



最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年08月21日

充実した夏休み

9日間の夏休みも日曜で終わり、昨日から出社。

2年ぶりに長野に行ったが、やはり長野はいいね。

高峰高原に泊まったのですが、猛暑と言われていたこの時期に

室内の気温、なんと18度。

涼しいねー

高峰高原ホテルのフレンチも、こんな山奥でこれだけの味が出せ

るのかと言うほど絶品であった。 

特に信州牛と新鮮な野菜が最高。


小諸の「丁子庵」の天ざるも最高に旨かったな。

この蕎麦や、いつ行っても長だの列で客足が耐えない、天ざる

1700円と多少高いが、小諸に行ったら立ち寄る価値十分。


ホントに


温泉もよし、飯も旨し、おまけに涼しくて大満足の旅行でした。






長野から帰ってきて、連れ合いにせがまれて、久しぶりに尾瀬の

散策に行った。

朝、3時起きで関越で沼田インタへ。 鳩待峠には6時半に到着。


今回のコースは山鼻、牛の首、東電小屋を経由して鳩待峠に戻

る尾瀬ヶ原散策のコースだ。


全行程19キロで長いコースだが、板ばりの平坦な道が多いの

で差ほどバテはしなかった。


尾瀬も8年前に歩いたことはあったが、久しぶりの山行気分を味

わったよ。 

尾瀬から見る至仏山は素晴らしいね。


山はじつに良い。


これを機に、また山をやってみたい気分になり、来年は密か

に南か北アルプスのいづれかを挑戦しよう、考えています。


それにしても

早歩きの俺のペースにしっかり着いて来たカミサンのスタミナ

には、正直驚いた。

カミサンも結構山すきなので、また何処連れて行けと言われるの

が多少、面倒かな。





最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年08月10日

夏休みの予定

猛暑が続き、身体ばて気味ではあるが、毎日のウォーキングのおかげ

で、すこぶる体調はよい。

毎日4キロほど歩くことを励行しているが、念願のダイエットには

残念ながら影響していない。

気になる腹回、何をやっても、へこむ様子はなく、やはり食事療法

と平行してやらないと、なかなかダイエットは難しいかなと思う。


誰か、良い方法あったら是非教えていただきたいところです。



来週から1週間夏休み。

土日は家族で1泊2日で長野へ小旅行。 目当ては旨い蕎麦とフラン

ス料理、それと温泉。

あとは帰ってから、連れ合いと一緒に日帰りで尾瀬の山歩き。

10年前までは毎年、北アルプス 北穂、常念、槍など良く登って

いたけれど、ここのところご無沙汰。 山歩きも久しぶりだ。



18・19日は日本法令の就業規則作成のセミナーに参加予定。

今まで我流で就業規則作成していたが、他の人がどのような

視点で作成しているのかを知るのも良い勉強と思い参加すること

にした。


残りは読書三昧とサイト作成に時間を当てるつもりだ。


去年はうつ病のおかげで、1週間家でゴロゴロしただけの夏休み

だっただけに、今年は健康的で有意義な時間が過ごせそうだ。




最近、読んだお勧め本

〇雇用融解ーこれが新しい「日本型雇用」なのか
 東洋経済新報社 風間 直樹著

〇職場砂漠ー働きすぎの時代の悲劇
 朝日選書 岸 宣人著

〇会社は頭から腐るー再生の修羅場で見た日本企業の課題
 ダイヤモンド社 富山 和彦著 


人事労務の仕事に携わっている方は、是非「雇用融解」だけでも

読むことをお勧めする。詳細はアマゾンの書評を見ていただければ

分かりますが、労働問題のルポ本としては近年にない力作であり

決して買って損しない一冊です。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

2007年08月01日

こんな方法もあったのか!

時節柄、本屋に行くと‘年金関係’の書籍が多く目に付きます。

恥ずかしい話、‘年金関係’の書籍は試験終了後から一度も

読んだことがないので、興味本位で


「支給もれ年金 私が探し方教えます」ビジネス社 柴田友都著


という本を購入してみた。


決して専門的な内容のものでなく、平易な文章で‘年金受給者’を

対象に、支給もれ年金に関して書かれた本である。


ただ、表題に「私が探し方教えます」と記載しているにも係わらず

その具体的な方法には触れていない。


そこが、この本の味噌で


著者である社労士にとって、この本自体が営業ツール

になっており、後の細かい手続きは‘私に依頼してね’という受任

の流れを巧妙に作り上げている。


マーケティング的に、じつに上手い方法である。


今まで、年金の仕事=食えないという固定観念を持っていたけど

この本を読んで、その考えが少し変わった。


調理方法によっては年金という商品でも、飯が食

えるものなんだね。


この人、支給漏れ年金を専門に苦節ウン十年やってきて、いま

時流に乗って、やっとその花が開いたというところかな。

地味な仕事であるけれど、国民の利便を考えると社会的に意義

のある仕事だよな。


社労士の業界は非常にクローズゆえに、開業者が

‘どうやって稼いでいるのか’というその実態の部分

が、なかなか見えない俺にとっては、非常に新鮮な

発見であったので、今日ブログに書いてみた。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。