2007年06月28日

ミートホープ社、労組結成

本日は、早朝から虎ノ門のホテルにてオリックスの宮内会長講演による

勉強会に参加、朝7時からの勉強会なので非常に眠いです。



話は変わりますが、

ついに、あのミートホープ社で労組が結成されましたね。


北海道苫小牧市の食肉製造加工会社「ミートホープ」による牛肉偽装事件で、29日付で解雇される女性従業員3人が28日、苫小牧市役所で記者会見し、労働組合「苫小牧ローカルユニオンミートホープ分会」(横岡リツ子分会長)を結成し、ミート社の解雇決定を不当だとして、29日に団体交渉を行うよう申し入れていることを明らかにした。

 同分会は団体交渉で、全従業員解雇の撤回や就業規則の提出、過去5年分の決算書の提出などを経営側に求めるとしている。ミート社の従業員が労組を結成したのは初めて。

 横岡分会長は会見で「これからどうやって暮らしていけばよいのか。会社側の対応は悪く、私たちの要求を聞き入れてくれない。不当解雇だ」と述べた。

(2007年6月28日13時49分 読売新聞)




テレビで社長が従業員の解雇を発表した際に、従業員がこのまま

黙ってこの解雇予告を受け入れることはないと思っていましたが...



彼等従業員の立場から考えると、この組合結成は会社と闘争する

上では、戦術的にも費用的にもベストな選択だと思います。

このコミュニティー・ユニオンの系列等の詳細は良く分からない

ですが、どうも共産党系のユニオンのような気がします。



そうであれば、人材も豊富で組織力も組合なので、かなり能力、

経験のある運動員をバックに、組織的に闘争してきますよね。


これだけマスコミに取り上げられ、社会的に注目されている事件

ですから、ユニオンにとって格好のプロカパンダの場で、

気合も相当入るはずです。

団交の場で、あの社長、完膚なきまでに徹底的に糾弾されるだろう

な。


いろいろな意味で今後の団交の経緯に注目したいところです。



それと、個人的に興味があるのは、



ミートホープ社に社労士が顧問としてついているような会社側の発言

(6月29日付の解雇を労務の先生と相談した々)。




ここまでの不正をする会社であれば、労働基準法に違反するよう

な労務管理を行っていることは容易に推測されます。

健全な労務管理の為に社労士の必要性を考えるほどの経営感覚は、

あの社長には絶対ににあるはずがないと思いきや、


顧問社労士が関与している?


でも仮に顧問の存在があったとしても、手続き業務だけの可能性

が大でしょうね。

だって

あの社長に法令を遵守したまともな労務管理を助言、指導な

ど誰ができますか?




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

 







広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。