2006年09月20日

特定社労士試験用のお勧めの1冊

実務をやっていると法律の解釈その他で、よく判例を参考にする

ケースがよくあるかと思います。

私もこの判例を読む機会が割りと多いのですが、最初の頃は一体

この文章は何を言いたいのか、結論はなんなのかと思われるもの

が判決文に多く、あまり好きになれませんでした。


それが、ある1冊の書籍と出会ってから、楽に判決文を読むこと

ができるようになったのです。

その本は、

「労働判例のよみかた・つかいかた」八代徹也 日本労働研究機構

価格も税別 800円という、とっても手頃な値段です。


この本は、いわゆる法律の専門家ではない一般の方が、労働判

例を読む場合に知っておきたい約束事や裁判をめぐる一連の手

続き等についてやさしく、かつ分かりやすく書かれたものです。


これから特定社会保険労務士の研修を受けられる方は、労働判

例の事例がたくさん出てきますので、事前にこの本を読んでお

けば、判例に関しては準備は万全かと思います。


時間にある程度の余裕がある方には、お勧めの1冊ですので、

是非本屋にて、手にとって見てください。




最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
 現在、運も・気分も・ブログ・ランクも下降気味です。わーい(嬉しい顔)

最後にポッチと“応援”お願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。