2006年05月07日

特別研修前半、終了

ゴールデンウィークも本日で終わり、こんなに休み中、机に向かっていたのは社労士の受験以来です。

本日の最後の遠山弁護士による“個別労働関係紛争解決制度”の話は、個人的には面白かった。

紛争解決の手段としての「簡易裁判所」による民事調停と支払い督促の方法は、確かに中小・零細企業での労働問題を解決するには適していると思います。

あと、彼の自論の中でこの“個別労働関係紛争解決制度”の中で社会保険労務士の役割を「ナビゲーションジョッブ」、すなわち紛争が生じた際、中小企業の経営者、従業員に対して“その労働事件の内容に応じて”、解決の手段として行政等の相談窓口、ADR機関、簡易裁判所、労働審判制度、通常の民事訴訟を適切に紹介して挙げる“道先案内人”として関わってはという提案がありました。

確かに、
現行の社会保険労務士の紛争解決制度における法律上の制約等を考えると、“道先案内人”としての役割が精一杯かもしれません。

この5日間の研修を受講している間、“特定社会保険労務士”として自分がどの様な仕事に関っていくのかを考えてみたのですが、なかなか具体的にイメージすることが出来ませんでした。

これから、グループ研修及びゼミナール始まりますので、他の方々がここらへ、どのように考えているのか、グループ討議の合間にでも情報収集してみます。


今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
もうすぐ50位に転落しそうです。

よろしければ最後にポッチとお願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。