2006年05月06日

特別研修4日目

石崎弁護士の経営者サイドに立った持論の人事制度にもとづく、労働法の講義を聴くのは、今回で2回目。

石崎弁護士の自説・持論を100%受け入れるのは少し危険なのではと、直感的に感じております。

“不利益変更の法理”全てこれでOKと思われると、実務上は恐いです。


まあ、弁護士にしては、人事制度良く勉強しています。それは、ホントに誉めるに値すると思うのですが、ただ弁護士から“人事制度”の講釈は余り聴きたくない。

受講生は、社会保険労務士であり人事制度に関しては、あの程度の知識は既に勉強済みなわけですから...

仮に石崎弁護士の人事制度の講釈を聴いて、“勉強になった”と思われる方がいたとしたら、それは明らかに社会保険労務士としては勉強不足であると思います。

頑張って勉強して、来年当たりこの特別研修の講師として名乗りをあげてみましょうか?(冗談ですが)

ただ、変な弁護士が講義をするより、力ある実務経験が豊富な社会保険労務士のベテラン先生に講義を受けもって欲しいと、切に望みます。

いつまでも、弁護士会に依存していては、社会保険労務士にとって、本当に
実りある特別研修は実施できないと思うのですが。




今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
もうすぐ50位に転落しそうです。

よろしければ最後にポッチとお願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。