2006年04月20日

キーワードアドバイスツール

皆さん、ホームページを仮に作るとしたら、ホームページのコンテンツ(商品)はどのように決められますか?

恐らく、多くの方は
 
 @ 自分の“得意”とする分野”

 もしくは、

 A 自分の“やりたい”分野”

の情報を中心にコンテンツを作るかと思います。

ただ、インターネットで集客を考える場合、気おつけなければならないのは、上記の“得意”とする分野、“やりたい”分野が顧客のニーズと合致しているかどうかという事を事前に十分検証する必要があるということです。

例えば、“キーワードアドバイスツール”でキーワードによる「労働条件通知書」と「雇用契約書」の3月の月間の検索数を調べてみると、通知書は3,626で雇用契約書の方は約3.6倍の12,974の検索数があります。

これは、何らかの理由で「雇用契約書」をネットで12,974の検索数されたということで、それだけ「労働条件通知書」よりニーズが多かったということが言えるかと思います。

従って、自社のホームページにより多くのお客さんを訪問してもらう為には、2者選択で考えた場合は、圧倒的に「雇用契約書」という情報を提供したほうが集客上は有利になるわけです。

ちなみに、「退職金」での検索数はナント34,260もあり、「労災申請」ではわずか1,872です。

これは、労災申請がらみの“悩み”より、退職金がらみの“悩み”の方が市場に多く存在しており、それだけビジネス・チャンスがあるということです。(退職金に特化して、成功されている社会保険労務士の先生が多いのも、ここらへんの市場ニーズを考えるとうなずけます。)

ただ、それだけ市場ニーズがあるということは、それだけ競合も多く存在していることは忘れてはいけませんが...

そんなことで、今後、自分のホームページを考えている方は情報コンテンツ、商品等を決める際に、“キーワードアドバイスツール”での検索結果、すなわち市場ニーズを参考に商品戦略を再考していく作業も必要になると思います。




今日も最後まで読んで頂き、また応援・コメントありがとうございます。
よろしければ最後にポッチとお願い致します猫
           ↓
人気blogランキングへ
posted by 人事屋ジンベイ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。